フリーサイズのブックカバー!サイズを自由に調整できるブックカバー





おしゃれで経済的!10種類以上のサイズに対応!フリーサイズのブックカバー



購入した本にブックカバーを掛けようとしたらサイズが合わない、、、

大きくサイズが違えば分かります。でも、ちょっとのサイズ違いだと後から気付いてショックなんですよね。

小さすぎてもダメ。大きすぎてもダメ。


日本の書籍は文庫本から菊版や四六版までサイズは様々です。

本屋で付けてもらう紙のカバーで代用しようとすると折り目が気になって不恰好。

かといって本のサイズに合わせてその都度ブックカバーを用意していたら数も増えて大変です。


そんな時には便利に使えるのが「アマネカのブックカバー」です。

アマネカは文庫本からハードカバーまでマルチに対応したフリーサイズのブックカバーです。

これ1つで市販のほとんどの書籍にカバーを掛けることができます。


アマネカのブックカバーの掛け方は簡単。

ブックカバーに本を置いて、カバーの下部とサイドを本のサイズに合わせて折りたたむだけ。

あとはバンドを掛けて留めれば完成です。


ブックカバーの横サイズは表紙+背表紙+裏表紙=220~350mmまで。

高さサイズは文庫本148mm~菊版220mmまで。

規格サイズは文庫判・文庫大・新書判・新書大・B6判・四六判・上製本・A5判・菊判などに対応しています。


材質は合皮とスエードを使用しているので丈夫でおしゃれ。手触りも抜群。

お家でゆっくり読書もよし、通勤や通学の電車やバスでの読書にも最適です。

いつもと違った質感に外で本を読むのが楽しくなるブックカバーです。


アマネカのブックカバーはコミックや厚手の参考書や専門書、辞書にも使えます。

ブックカバー以外にも手帳や日記帳、ノートのカバーとしても使用できます。

本についてはこれ1つで対応できるので経済的でカバーを選ぶ面倒くささもありません。

貴重な本はもちろん扱いに神経を使う図書館の本も汚さずおしゃれに読むことができます。



⇒ アマネカ・ブックカバー(楽天市場)はこちら


自動給紙(オートフィード)シュレッダーとは?業務用の自動裁断シュレッダー





紙をセットするだけ!あとは自動でお任せのシュレッダー



大量の紙を一度に裁断すると時間が掛かって大変ですよね。

1枚ずつシュレッダーの投入口に紙を入れて裁断していく作業は本当に面倒。

特に忙しいときにシュレッダーに時間を取られるのは精神的にイライラしてなにより非効率です。


シュレッダーによっては一度に10枚以上を裁断できるタイプもあります。

しかし、それでも紙の投入は手動で行う必要があり、その分だけ手間が掛かってしまいます。

時間短縮しようとパワーの弱いシュレッダーに一度に紙を入れると紙詰まりの原因にもなることもあります。


そういうシュレッダーの問題を解消するために開発されたのが「オートフィードシュレッダー」です。

オートフィードは「自動給紙」という意味。

シュレッダーに紙をセットするだけで、あとは自動で給紙して裁断してくれます。


だから、オートフィードシュレッダーは一々紙を投入する必要がありません。

A4用紙100枚の束もシュレッダーにセットするだけでOK。

あとは仕事に戻るなり、休憩するなり自由に時間が使えます。


オフィスの机や床にシュレッダー待ちの書類が溜まって唖然としていませんか?

雑用は後回し。廃棄書類の山で仕事に支障が出ては意味がありません。

オートフィードシュレッダーなら自動で裁断してくれるから無駄な作業に煩わされなくなります。


シュレッダーは非効率な上に社員のモチベーションを下げる原因にもなるといわれています。

廃棄資料の多い職場ならシュレッダーに取られる時間は相当なものになります。

オートフィードシュレッダーならイライラがなくなり効率よく時間配分ができて仕事が捗ります。



⇒ オートフィードシュレッダー(楽天市場)はこちら


コンパクトな家庭用電動シュレッダー!激安&DVDも裁断!





個人情報を確実に守る家庭用電動シュレッダー



明細書などの郵便物をハサミで切って捨てるのって面倒じゃないですか?

名前や住所が書かれているハガキなども切り刻んでいると大変。

10分するだけで手が腱鞘炎になってしまいそうです。


郵便物は毎日届くものだから以外と溜まりやすいですよね。

あまり重要でないものは週末にまとめてチェックすることもありますし。

引き出しや棚から古い書類や郵便物が出てきて「なんじゃこりゃ?」と驚くこともあります。


それを一度にハサミでカットしようと思ったら1日仕事になってしまいます。

ゴミ箱を用意していてもハサミを使うと結構ゴミが散らかるもの。

1回、途中で疲れて止めてしまうと、もうあとは面倒臭くなって、そのままゴミ箱の中へ、、、なんてことも。


そういう時に役立つのが「家庭用の電動シュレッダー」です。

電動シュレッダーは必要なくなった郵便物や書類などを投入口に入れるだけで自動的に裁断します。

人の力もいりませんし、まったく時間も掛かりません。


楽天ランキングで人気の「MONIKA」という電動シュレッダーは価格が5,980円の激安なのに高性能!

A4用紙5枚を同時に裁断できて、CDやDVD、クレジットカードの裁断も可能です。

裁断されたペーパー類とプラスチック類はダストボックスの中で分別されるからゴミ捨ても楽チンです。


このシュレッダーには安全装置が付いており、小さなお子さんがいる家庭でも安心して使えます。

キャスターも付いているので移動も簡単。

音も比較的静かなので夜の時間になっても無理なく裁断が続けられますよ。



⇒ シュレッダー(楽天市場)はこちら

⇒ シュレッダーの楽天市場ランキングはこちら



石原出版の10年日記帳!十年使い続けるダイアリー手帳





人生が見える大人のための石原10年日記帳



日記を書いていて去年の今頃はどんな出来事があったか気になることはありませんか?

例えば記念日や冠婚葬祭など、いつ頃、何をしたのか思い返したい時もあります。

「あれって何年前だった?」と家族に聞かれて、すぐに答えられないとモヤモヤしますよね。


一般的な年間スケジュールならカレンダーを見れば分かります。

しかし、個人的なスケジュールは人それぞれ違うので忘れてしまいがちです。

すぐに対応できればいいですが、前もって準備が必要だと間に合わずに後悔することもあるはず。


そういうミスや不安を解消しながら楽しく日記を書き続けられるのが石原出版の「10年日記帳」です。

石原10年日記帳は十年間使い続けられる日記帳です。

1項に同月同日の10年分を記録するので、過去の出来事をパッと見ただけで理解できます。


1日の記入欄は4行だけ!メモ書き程度でも十分機能します。

書ききれなかったことは補足ページに書くことも可能。

三日坊主になるかもしれないという方にも安心しておすすめできる日記帳です。


石原10年日記帳には年頭所感のページ、各月のページもあります。

仕事以外にも、子育て、健康管理、趣味、家庭菜園などにも利用できます。

年間や月間の目標達成状況の確認も簡単にできて、毎年毎月の長期目標も立てやすくなります。


この日記帳は家族や友人にプレゼントされるのもおすすめです。

十年一昔と言いますが、人生の節目や区切りを1つの手帳で記録できることは素晴らしい贈り物になります。

例えば妊娠から出産、育児、成長までを連続して記録すれば、お子さんの10年の成長を一目で確認できます。



⇒ 石原10年日記帳(楽天市場)はこちら


ネガフィルムとポジフィルムをデジタル化するスキャナー!





親孝行になるフィルムスキャナー



昔カメラで撮影したまま現像していないネガフィルムは残っていませんか?

いつか写真にしようと思っていたけれど、そのままになっているならモッタイナイですよね?

家族や友人たちとの大切な思い出が詰まったフィルム。

あなたの手で自宅でデジタル化してみませんか?


自宅でスキャンする場合、昔は「写真」をスキャナーで取り込んでパソコンに保存するのが一般的でした。

今までも「ネガフイルム」を読み込むスキャナーはありましたが、操作が難しくパソコンが必要で大変でした。

価格が高いスキャナーも多くて、興味があってもなかなか手が出せない方も多かったはずです。

価格の安いスキャナーは画質がまだまだ低くて満足のいくデジタル化はできませんでした。


しかし、最近は事情が変わっています。

最新のフィルムスキャナーは低価格化が進み、パソコンも必要ありません。

ネガフィルムをセットしてデジタル画像で保存するまでスキャナー本体だけで完結します。

スキャナーには小型の液晶モニターが付属し、1コマ1コマ確認しながらボタン1つでデジタル化できます。


保存できる画質は機種によって様々ですが多くのメーカーで1400万画素が主流になっています。

1400万画素はかなりの高画質。デジタルカメラ並みの画質で保存ができます。

引き伸ばしても鮮明な画質のままプリントしたりWebに公開できます。

機種によっては補修や補正が必要な画像については付属の編集ソフトで修正が可能です。


デジタルデータはSDカードに保存します。

SDカード8Gの容量で約5000コマのデジタル画像が保存できます。

DVDに移せば2000コマ~3000コマの収録ができます。

SDカードが使えるテレビに差し込めば、テレビの大画面でスキャンした写真を楽しめます。


フイルムスキャナーの使い方は簡単ですよ。

まずはネガフィルムやポジフィルムを専用のホルダーにセットします。

次にスキャナー本体でフィルムの種類を選んでからホルダーをセットします。

あとは保存したい画像をディスプレーで確認しながらボタンを押すだけです。


お父さんが昔カメラで撮ってくれたネガフィルムは残っていませんか?

ネガフィルムには現像に出さなかったコマもたくさん残っている可能性があります。

家族やペットの写真がアルバムに張ってあるものしか残っていないと諦めるは早すぎます。

ネガフィルムを見てると驚くような場面が写っていたりするので、ぜひ一度チェックしてみて下さい。



もっと早く教えて欲しかったと口コミで絶賛のフィルムスキャナーをどうぞ。

⇒ フィルムスキャナー(楽天市場)はこちら


最新記事
カテゴリ
プロフィール


名前:ムー民
星座:牡牛座
血液型:O型

ご覧頂きありがとうございます。
このブログについて

RSSフィード
QRコード
QR