布団圧縮袋 バルブ式の逆止弁が便利







布団の衣替えの季節になると、心配になるのが収納方法です。

普段通り、そのまま押入れに押し込んで収納してしまうのもいいですが、

できれば、出し入れしやすく、コンパクトに収納したいものですよね。


布団や毛布は、そのまま押入れにしまっていると、

独特の「におい」が篭りますし、ダニの心配もあります。

結露など、湿気対策も気になるところです。


そこで、おすすめしたいのが「布団圧縮袋」です。

布団圧縮袋は、布団や毛布を袋に入れて、掃除機で吸引して圧縮します。

掃除機の吸引力で、徹底的に袋の中の空気を吸い出してしまうから、

布団や毛布は厚みを失って、ペチャンコに潰れます。


体積で言えば、数分の一程度。

いつもなら、押入れの一角に、二人分の布団セットがやっとだったスペースに、

家族全員分の布団セットを収納しても、大きな余裕が生まれます。


空いたスペースに、なにを置くのも自由。

小型の収納ボックスやハンガーラックを設置すれば、

押入れの中をクローゼットのように使うこともできますよ。


布団圧縮袋の使い方は、とても簡単です。

圧縮袋に布団を入れて、しっかりとチャックを閉めたら、

バルブに掃除機のスティックを差し込みます。

あとは掃除機のスイッチを入れて、空気を抜けば圧縮完了です。


戻し方についても、チャックを開けるだけでOK。

布団圧縮袋に空気を入れれば、勝手に布団は膨らみます。


ほとんどの布団圧縮袋には、バルブ式の逆流防止弁(逆止弁)が搭載されており、

掃除機のスティックを抜いても、空気が逆流する心配がありません。

はじめての方でも圧縮に失敗することなく、安心して使用できます。


布団圧縮袋は、空気を遮断して密閉することで、湿気対策やダニ退治にも役立ちます。

サイズは、シングル・ダブルなどが揃っており、セットでの購入がお得。

掃除機を使わない、掃除機不要の布団圧縮袋もあるので、

掃除機が故障したり、一人暮らしの方などは、そちらも、おすすめします。


ダニが気になる方には、布団圧縮袋専用のダニ駆除パックも、おすすめですよ。



布団圧縮袋(楽天検索)はこちら




関連記事
最新記事
カテゴリ
プロフィール


名前:ムー民
星座:牡牛座
血液型:O型

ご覧頂きありがとうございます。
このブログについて

RSSフィード
QRコード
QR