ドルメオ・マットレス イタリアの高反発マットレス







ドルメオとは




ドルメオ(DORMEO)をご存知ですか?

ドルメオは、イタリアで生まれた、高反発素材を使用した高級マットレスです。

快適な寝心地で、今、ネットでも話題になっている商品です。


ドルメオは、新高反発素材のエコセルを使用しています。

高反発マットレスのクッション性と復元性で体を押し上げる力が働くので、

肩や腰にかかる負担を軽減し、底つき感のない快適さを実現。

理想的な寝姿勢を保持して、全身をバランスよく支えてくれます。

もちろん寝返りもスムーズで、腰への負担も少なく、朝までストレスなく過ごせます。


ドルメオは、防菌、防臭、防ダニの他、

マットレスの両サイドに2箇所ずつエアベント換気口があり、

マットレス内部の湿気をこもりにくくする防湿性にも優れています。

湿気の多い日本では嬉しい機能ですね。



ドルメオの特徴とは




ドルメオは、大きく2つのタイプに分かれています。

1つは、ベッドに置いて使う、ベッドマットレス型。

もう1つは、日本の住環境に合った、三つ折りの敷き布団型です。

サイズは、セミシングル・シングル・セミダブル・ダブルから選べます。


どちらにも1層タイプと2層タイプがあり、厚みと硬さが異なります。

2層タイプは二種類の異なる硬さの高反発がクッションが使われています。

こちらは、目安として体重が60キロ以上の方、腰の弱い方、

体にフィットする寝心地を求める方におすすめです。

また、2層タイプは、硬さの違いを利用したリバーシブルとして使うこともできます。

もう一方の1層タイプは、目安として体重が60キロ未満の方、女性やお子さん、

小柄な男性におすすめです。


ドルメオは、イタリアで製造される高品質のマットレスですから、

その保証もズバ抜けています。

ドルメオは、マットレス型で、12年保証を実現しています。

三つ折り布団タイプは、3年間の保証付きです。

日本のメーカーでも中々見かけない保証の長さですよね。


またドルメオのマットレスは、空気循環に優れた多孔質構造を利用して、

生産直後に、すぐに真空ロールパックにされます。

真空状態にすることで、雑菌やホコリが入らないよう密閉されるので、

海外への輸送でも安心です。

※ 袋から出して6時間程度で本来の厚みへと自然に戻っていきます。



ドルメオのおすすめポイントとは




外国製の高級マットレスは、どうしても価格が高くなりがちです。

しかし、ドルメオは、高品質で、なおかつ価格が抑えられているのが特徴です。

ドルメオと同種のマニフレックスも人気ですが、

価格はドルメオの方が安いので、断然、お買い得だと思いますよ。


三つ折りマットレスに比べて、ベッドマットレスは持ち運びが大変な印象があります。

通販で買っても、部屋まで持っていくのが大変と考えてしまいますが、

このドルメオは軽量なので女性でも大丈夫です。

ドルメオは高反発マットレス素材のエコセル(ウレタンフォーム)使用なので、

力仕事の苦手な女性でも、ラクに持ち運びできますよ。


さらに、ドルメオは、マットレスにスプリングを使用していないので、

ギシギシという、あの耳障りな音もまったくしません。



ドルメオは、女性や若者にも人気の健康マットレスです




ドルメオは、ご自分で使う以外にも、ギフトやプレゼントなどの贈物にも最適です。

腰痛に悩む中高年の方は、もちろん、若い方にもおすすめ。

最近は学校でもダンスが授業に取り入れられていて、

部活やレッスンに熱中するあまり、若い方でも腰を痛めている人は結構います。

そのような若い方たちにも、ドルメオのマットレスは、おすすめです。


購入者のレビュー(感想)でも、

「産後の腰痛に悩まされましたが、寝返りも打てるようになりました」

「高齢の母にプレゼントして喜ばれました」

「真空ロールで送れられてきたので2階にもっていくのも楽でした」

と、好評の書き込みが、たくさん投稿されています。


ドルメオは、すでにヨーロッパを中心に世界30カ国で愛用されています。

「朝起きたら体が痛い」

「疲れがとれない」

と、お悩みの方は、良くない姿勢で寝ている可能性があります。

ぜひ、一度、ドルメオの高反発マットレスをチェックしてみてください。



ドルメオ・マットレス(楽天市場)はこちら



関連記事

楽天市場のおすすめ商品

楽天市場
スプレー式の醤油差し
塩分を控えめにしたい方に人気のスプレー式醤油差しです。お好みの醤油を入れプッシュするだけ!

最新記事
メニューカテゴリー
ピックアップ
楽天市場・総合ランキング
検索フォーム
カテゴリ
プロフィール


名前:ムー民
星座:牡牛座
血液型:O型

ご覧頂きありがとうございます。
このブログについて

RSSフィード
QRコード
QR