グリーンスムージーミキサー







グリーンスムージーダイエットとは




グリーンスムージーダイエットは、アメリカで生まれた健康法です。

食事では、なかなか摂り辛い野菜(グリーン)を、

効率的に摂り入れるために開発されました。

することは、野菜とフルーツをカットするだけ。

あとは、野菜と、果物と、水を、プレンダー(ミキサーやジューサー)で混ぜ合わせた、

ジュース(スムージー)を飲むだけです。

毎朝の朝食を、このグリーンスムージーに置き換えることで、

低カロリー式のダイエットをサポートしていきます。



グリーンスムージーミキサーの特徴




このグリーンスムージーを作るときに便利なのが、

スムージーミキサー」と呼ばれる商品です。

一般的なミキサーは、家族で使うことを前提に作られているので、

大きかったり、重たかったりで、毎日毎朝使うのには適していませんでした。


スムージーミキサーは、1人用のタイプも販売されていて、

軽量で、使いやすく、キッチンにそのまま出して置いておいても、

邪魔にならないコンパクト設計になっています。


グリーンスムージーミキサーは、手入れも楽チン。

ミキサーのカップ部分を駆動部分から取り外せば、

そのまま、グリーンスムージーを飲むコップとして利用できます。

一度に飲みきれなければ、冷蔵庫に保管しておいてもOKです。


ソロブレンダーという商品の場合は、フタに飲み口が付いています。

フタを開けずに、飲み口だけをスライドして、タンブラー感覚で飲むこともできます。

便利なレシピの載ったブックが付いてくるので、そちらも参考にすれば、

買ったその日から、スムージーダイエットが楽しめます。



グリーンスムージーミキサーの使い方




グリーンスムージーの作り方は、とても簡単です。

りんご、みかん、バナナ、オレンジ、キウイ、イチゴ、パイナップル、グレープフルーツ、

などの果物と、ほうれん草、チンゲン菜、水菜などの野菜を、お好みで選びます。

選んだ果物と野菜を細かくカットして、

水と一緒にブレンダーに入れて、ボタンを押すだけ。 

水の代わりに、氷や牛乳、ヨーグルトなどを入れてもOK。

黒糖や蜂蜜を加えれば、野菜が苦手な方でも飲みやすくなりますよ。


急がしい朝でも、これくらい手軽なら、毎日でも続けられそうですよね。

フルーツや野菜は、旬の季節のものを使うと、飽きも来ずに楽しめると思います。

お子さんなどは、苦手な野菜の克服に利用しても良さそうですね。


グリーンスムージーは、ダイエットしたいけど、

肌が荒れたり、栄養が偏るのが心配……という方に、おすすめです。

グリーンスムージーは、美肌に欠かせない野菜の栄養素も入ったジュースだから、

日頃の野菜不足の解消にもなる一石二鳥のダイエットジュースです。


毎日作るつもりがない場合でも、野菜が余ったからジュースを作りたい場合でも、

1人用のコンパクトなグリーンスムージーミキサーなら、気軽に取り出して使えます。

ジュースを買ってきても、賞味期限が気になる方も、スムージーミキサーなら、

飲む直前に、必要な分だけを作るので、無駄にすることはありませんよ。



グリーンスムージーミキサーは通販サイトでも人気です




グリーンスムージーミキサーは、食物繊維の多い健康ドリンクを作るキッチン家電。

小型で、邪魔にならない手軽さが、多くの女性に評価されています。


購入者のレビュー(感想)でも、

「ピンクが可愛い。毎日いろいろ作れて楽しい」

「出しっぱにして使ってます。場所をとらないのがいい」

「家族にプレゼントして喜ばれました」

と、好評の書き込みが、たくさん投稿されています。


小さなお子さんがいる家庭では、グリーンスムージー以外にも、

離乳食作りに利用されている方も多いようです。

アイデア次第では、ジュース以外にも、いろんな料理の具財作りにも使えそうですね。


レコルトのソロプレンダーの場合は、

ボトル部分(食材を入れるカップ部分)が別売りで販売されています。

このボトル部分は、そのまま保存もできるコップとしても利用出来ます。

家族で使うときや、複数の食材やスムージーを作り置きしておきたい場合に、

別に容器を用意する必要がないので、調理全般にも便利に使えますよ。



スムージーミキサー(楽天市場)はこちら



関連記事

楽天市場のおすすめ商品

楽天市場
スプレー式の醤油差し
塩分を控えめにしたい方に人気のスプレー式醤油差しです。お好みの醤油を入れプッシュするだけ!

最新記事
メニューカテゴリー
ピックアップ
楽天市場・総合ランキング
検索フォーム
カテゴリ
プロフィール


名前:ムー民
星座:牡牛座
血液型:O型

ご覧頂きありがとうございます。
このブログについて

RSSフィード
QRコード
QR