狭い部屋でも広く見えるロフトベッド!大人になっても使えるシステムベッド

部屋が狭いとベッドの置き場所に困りますよね。家具の中ではスペースを一番取ってしまうのがベッドだからどこの位置に置いても邪魔にしかなりません。かっこくよく部屋の中央に置くなんてのは論外です。壁際ギリギリに押しやることが多いですがそれでもスペースは取りますし圧迫感があります。机やテレビなどを配置したらもうスペースはありません。収納が少なくて本棚や衣装箪笥などを置こうものなら歩き回ることすら大変な状況にになります。

これでは地震が来たときが怖いですよね。部屋が狭いとパズルを組み合わせるように効率的な配置を考えてしまいがちです。しかし地震が来ると家具は勝手に動いてしまいます。家具がドアや窓を塞いでしまったら逃げることもできません。ちゃんと突っ張り棒なんかで補強していればいいですけど本棚とか衣装箪笥がグラグラして倒れてきたらベッドとの配置次第では大怪我しますよ。実際それで逃げられなかった人とかいるようですし、なるべくなら部屋は広く安全に使いたいですね。

狭い部屋を広く使いたいならロフトベッドがおすすめです。ロフトベッドは二段ベッドのような構造をしています。上の段にはベッドを配置して下の段にはテレビやソファー、勉強机などを配置します。お好みに合わせて衣装ケースや収納家具を置いてもいいですね。ベッドが空中に移動した分だけ部屋にはスペースが生まれます。部屋を一番占拠してきたベッドのスペースが消えるわけですからこれは大きいですよ。そのスペースを有効利用すれば狭い部屋でも快適な居住空間を作り出すことができます。

引越しなどで新しい部屋に入った時は何もない状態から配置を考えるのでロフトベッドはいらないかなと考えてしまいます。しかし部屋で暮らし始めるとモノは増えていくんですよね。それを皆さん忘れがちなんです。断捨離が流行ってますが愛着のあるモノは簡単には捨てられないですよ。完璧だと思った家具の配置もすぐに崩れます。部屋がモノで溢れると快適さが失われて掃除もしたくなくなります。モノが片付けられず部屋が散らかってしまったら部屋にいるのも嫌になります。悪循環ですよね。

最初からロフトベッドを利用して省スペースに家具を配置しておけば多少モノが増えても部屋の快適性が失われることはありません。上の段にベッドがあるから家具が倒れてきて怪我をする心配もなし。オシャレな大人用のロフトベッドもありますからインテリアと調和したコーディネイトが楽しめます。ベッドの下はホコリが溜まりやすく掃除するのは大変なんですがロフトベッドなら下の段を掃除機で掃除するのは簡単です。部屋の隅や壁際までキレイに掃除することができます。

注意点を少し説明します。ロフトベッドは単品タイプとソファーや収納家具とセットになった商品があります。写真にソファーが写っていてもベッドだけの単品かも知れないので確認が必要です。ベッドに登る手段がハシゴなのか階段なのかの違いもあります。ハイタイプは下の段の高さが高めに設定されて使いやすいのですが部屋の天井が低いとベッドに寝るときに少し圧迫感を感じるかもしれません。普通のベッドではあまり気にならなかった部屋の高さ(下の段と上の段を使うときの高さ)についても事前にチェックしておくと安心です。

ロフトベッドがあると下の段は何にでも使えます。部屋に収納が少なくて困っている場合は下の段にチェストやハンガーラックを置けば簡易的なクローゼットが作れます。見た目が気になるときはロフトベッドの支柱にカーテンを付けて閉めておけば来客があったときなどにも目立たずに済みます。ワンルームでベッドを置くと手狭になってしまいソファーを買うのを諦めていた方もロフトベッドがあれば邪魔にならずにソファーを配置できます。部屋の快適さが増してリラックスして過ごせますよ。

⇒ ロフトベッド(楽天市場)はこちら
関連記事
最新記事
カテゴリ
プロフィール


名前:ムー民
星座:牡牛座
血液型:O型

ご覧頂きありがとうございます。
このブログについて

RSSフィード
QRコード
QR