テレビ録画にブルーレイレコーダーはいる?いらない?外付けhddとどっちがお得?

テレビ録画をするときにはブルーレイレコーダーを使う人がほとんどだと思います。リモコン操作でテレビ欄から予約してレコーダーのハードディスクドライブ(hdd)かブルーレイディスクに記録する。あとで暇が出来たらレコーダーやブルーレイディスクからデータを呼び出して録画したテレビ番組を視聴する。当たり前といえば当たり前。VHSのビデオテープの時代からやってきたことですよね。

しかし最近はテレビ本体に外付けのハードディスクを接続できるタイプが主流になってきており、テレビ番組の録画に必ずしもレコーダーが必要な状況ではなくなりました。テレビ録画対応の外付けハードディスクを使えばレコーダーと同じようにテレビ欄からテレビ番組の予約録画が可能。ブルーレイレコーダーに比べて割安の10000円以下という価格で購入でき、それでいて2TBや3TBという大容量のhddを載せているのでレコーダーと遜色のない長時間の録画ができます。

外付けハードディスクのメリットは扱いの簡便さにあります。レコーダーに比べて小型なので置き場所に困らず取り付けはUSBケーブルで繋ぐだけ。あとは初期化設定を指示に従って行うだけでテレビ録画を始められます。テレビによっては一度に複数の外付けハードディスクを接続させることもできます。いちいち接続をし直さなくても良いので貯まったドラマや映画などをそのままにして録画を続けられます。

外付けハードディスクのデメリットをあげるとしたら「テレビの機能によって」はブルーレイディスクなどの記録メディアにダビングができないことでしょうか。基本的に外付けハードディスクは録画して見るだけ。ブルーレイディスクにお気に入りのドラマや映画を保存してコレクションしたい方には物足りなさが残るかもしれません。ブルーレイディスクに保存しておけば別の再生機器での視聴も可能ですが、外付けハードディスクは基本的に録画した番組はそのテレビだけでしか視聴できません。

外付けハードディスクは録画したテレビ番組をブルーレイディスクにダビングすることのない人には格安で録画環境が整えられる良い方法だと思います。テレビ録画をする場合でも1チャンネルの録画ができればよい方。(同時に複数のチャンネルを録画したいときにはレコーダーが必要になります)そんなにテレビは見ないけど時間が合わずたまに録画して見たい。でも見たらすぐ消すだけ。という方におすすめします。

テレビが大好きでレコーダーをフル活用されているかなりのヘビーユーザーの方には外付けハードディスクだけの使用はおすすめできません。ただしレコーダーの録画機能だけでは足りないときの補助的な目的で外付けハードディスクを使う場合は別です。レコーダーの容量が一杯になった。番組は消したくない。見たい番組が重なった。というようなときに外付けハードディスクに録画しておけばあとで見返すことができて便利です。

私も記録メディアにダビング派でしたがよくよく考えてみるとダビングして終わりになることが多いことに気付いて今更ながらに驚きました。ダビングしているときは大切に考えていた番組も時間が経つと忘れてしまってるんですね。やっぱり新しい番組を見るしそっちのほうで時間切れなんです。それならダビングは止めるかと聞かれたら止められないかな。でも外付けハードディスクだけで長時間保管できたらそれはそれで満足してしまうかもしれませんね。

⇒ テレビ録画対応・外付けハードディスク(楽天市場)はこちら
関連記事
最新記事
カテゴリ
プロフィール


名前:ムー民
星座:牡牛座
血液型:O型

ご覧頂きありがとうございます。
このブログについて

RSSフィード
QRコード
QR