スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダイソンの扇風機。羽根のない扇風機。







羽根のない扇風機で人気のダイソンの扇風機です。

扇風機の概念を払拭した、革新的な扇風機に、誰もが驚きましたよね。

一体、どうやって、風を起こしているのか、不思議でした。

羽根がないのに、風が出てくる(生み出せる)仕掛けは、

ダイソン(dayson)独自のエアマルチプライアーという構造にあります。

吸引口から取り入れた空気を特殊な形状の中を通すことで、

円形気流を生み出して、取り入れた空気の約15倍の風量を生み出しています。


この機能のおかげで、ダイソンの扇風機は、羽根が必要ない上に、

つまみを回すだけで、風量も無段階で調節できるようになりました。

あの「高・中・低」のボタンともオサラバ。

さらに、モーターが下部に移動したことで、コンパクトに、

そして、安定性も増して、微妙な角度調整も可能になりました。


ダイソンの扇風機は、羽根が無くなったことで、扇風機の概念が変わりましたが、

扇風機の掃除の仕方も変えてしまいました。

羽根がないのはもちろんですが、ダイソンの扇風機は、カバーもないんですよね。

だから、掃除が凄く楽なんです。


よく見ると、カバーや羽根って、結構ホコリが溜まっています。

カバーは柵のようになっているので拭き掃除するのも大変。

羽根も一緒に洗うにしても、大きすぎて洗面所では洗いにくかったりします。

そんな掃除の手間が一切なくなるだけでも、嬉しいですね。


ただ、残念なことに、羽根がないと、扇風機に近づいて、

「ワレワレは宇宙人だ」と、宇宙人の声マネは出来なくなります。

あれは、羽根があることで、声が変化して聴こえるものですから。


でも、その代わり、いくら扇風機に近づいても安全です。

小さなお子さんがいる家庭では、扇風機の羽根が危険な場合がありますから、

その点、ダイソンの扇風機なら、安心して使えますよ。


ダイソンの扇風機は、スタイルも使い方もシンプル。

どなたでも感覚的に扱えますし、無段階の風量調節ができるので、

風が当たりすぎるのが苦手な方にも、微妙な調節で使いやすいと思います。


扇風機がインテリアに合ってないと感じていた方にも、おすすめです。

ダイソンの扇風機は、デザインがおしゃれですから、

部屋に置いてあるだけでも、カッコイイですよ。


ダイソンの扇風機は、プレゼントやギフトにも、おすすめです。

「なにこれ、おもしろい!」

「触っていい? 触っていい?」

と、家族や友人たちと楽しく会話も弾みそうです。


購入者のレビュー(感想)でも、

「子供の安全を考えて購入しました」

「デザインがおしゃれ。リビングに置いておくとかっこいい」

「珍しいもの好きの両親にプレゼントしました」

と、好評の書き込みが、たくさん投稿されています。


ダイソンの扇風機は、通販サイトでも人気ですが、ショップによっては、

日本正規品ではなく、米国正規品を販売している場合もあります。

どちらも正規品ですから、品質に問題があるわけではありませんが、

海外正規品の場合、保証が受けられない等の問題もあるので注意が必要です。


最後に、もうひとつだけ。

ダイソンの扇風機には、扇風機タイプと、ファンヒータータイプがあります。

ファンヒータータイプは、基本的に温風が出る扇風機です。

涼風も出せますが、もし、夏場に涼むためだけに使うなら、

今までの扇風機タイプで十分です。

「ホット&クール(hot&cool)」の商品名で紹介されているシリーズが、

ファンヒータータイプになるので、良かったら、そちらもチェックしてみて下さい。



ダイソンの羽のない扇風機(楽天市場)はこちら




関連記事
最新記事
カテゴリ
プロフィール


名前:ムー民
星座:牡牛座
血液型:O型

ご覧頂きありがとうございます。
このブログについて

RSSフィード
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。