内蔵ハードディスクを外付けHDDとして再利用できるUSB変換ケーブル!

IDE/SATA-USB変換ケーブル



内蔵ハードディスクの再利用!USBケーブルで繋ぐだけでOK!



使わなくなった古いパソコンはどうしてますか?

捨てるにも個人情報の流出が怖くて処分できない。

ほとんどはそのままお蔵入りですよね。


パソコンを再利用するといっても古いパソコンだから使い道は限られます。

中からハードディスクだけでも取り出して使ってみたいけれど素人には難しそう。

新しいパソコンのケースを開けてケーブルを接続するだけでも大変そうです。


そんなハードディスクの再利用に役立つのが「IDE/SATA-USB変換ケーブル」です。

この変換ケーブルは内蔵型のハードディスクをUSB経由で新しいパソコンに繋げられます。

USBで繋ぐから外付けOK!難しい設定や接続も必要ありません。


USB変換ケーブルの使い方はシンプルです。

古いハードディスクを変換ケーブルの接続口に挿し込んだら準備完了。

あとはもう一方のUSB端子を新しいパソコンに接続するだけで操作できます。


生き返ったハードディスクの使い方はいろいろ。

古いハードディスクから昔のデータを取り出したり。

増設した外付けハードディスクとしてパックアップにも利用できます。


変換ケーブルはパソコンが壊れてデータが取り出せなかった方にもおすすめ。

ハードディスクそのものが壊れていなければデータの取り出しは可能。

昔撮影した写真や動画、文章などが復活するかもしれません。


古いパソコンの処分に困っていた方にも最適。

とりあえず古いハードディスクだけでも取り出しておけば情報流出は防げます。

パソコンを処分する時にも安心して業者に任せられます。


USB変換ケーブルは主流のSATA端子のみでIDE端子に対応していないタイプもあります。

また2.5インチだけで3.5インチのハードディスクに対応していない場合もあります。

再利用したいハードディスクがどんなタイプなのかを再度確認してからの購入をおすすめします。


⇒ IDE/SATA-USB変換ケーブル(楽天市場)はこちら


関連記事
最新記事
カテゴリ
プロフィール


名前:ムー民
星座:牡牛座
血液型:O型

ご覧頂きありがとうございます。
このブログについて

RSSフィード
QRコード
QR