誕生日プレゼントにピノキオの鉛筆削り。ニューヨークで人気のキッカーランドの鉛筆削り。






鉛筆削り(ペンシルシャープナー)は、電動タイプばかりじゃありません。

ガガガッと、押し込むだけで、鉛筆を削るのでは、味気ないと思いませんか?

勉強をして、少し疲れた、そんなときには、鉛筆を削る時間に、

ちょっと息抜きというか、癒される時間があってもいいはずですよね。

手動の鉛筆削りには、電動の鉛筆削りにはない、

懐かしくて、誰もが楽しくなる趣向をこらした面白さがあるんです。


アメリカのキッカーランド(Kikkerland)が開発した、

「オネストボーイ(正直者)」という鉛筆削りは、

別名「ピノキオの鉛筆削り」と呼ばれています。


この鉛筆削りは、名前の通り、ピノキオのような顔をした鉛筆削りなんです。

問題は、その使い方。

鉛筆削りの差し込み穴がピノキオの鼻の部分にあるので、

削りたい鉛筆を穴に差し込むと、

まるで、ピノキオの鼻が伸びたみたいに見えるデザインになっています。

それも可愛くて面白いんですが、

当然、鉛筆を削っていくと、ピノキオの鼻が短くなっていくので、

ピノキオのお話と同じように、正直者になれる、、、という趣向になっています。


このピノキオの鉛筆削りのストーリー性を見て、

私と同じように「ナルホド」と、思った方も多いのではないでしょうか。

勉強などで鉛筆を使えば使うほど、正直者になれる、なんて、

面白いというか、教訓めいていますよね。

本当に、デザインといい、その楽しみ方といい、秀逸な鉛筆削りです。


このピノキオの鉛筆削りには、最初から、一本、鉛筆が付いてきます。

それを使い終われば、日本の鉛筆もちゃんと削れますよ。

気になる鉛筆の削りカスは、ピノキオの口の中に溜まるので、

アゴを外せば、あとで、まとめて、簡単にゴミ箱に捨てられます。


ピノキオの鉛筆削りは、デザインも良いので、鉛筆削り以外にも、

お部屋のインテリア小物のひとつとして飾っても可愛いと思います。

鉛筆を鼻に差した状態で、さりげなく置いておけば、

「どうしたの、これ?」

と、来客の方の目にも留まって、楽しく会話が弾むかもしれませんね。


特に、小さなお子さんには、このピノキオの鉛筆削りは人気になりそうです。

シャープペンシルだと、勉強したことが実感で分かりにくいですが、

ピノキオの鉛筆削りを使えば、鉛筆が短くなり、削りカスも出るので、

ちゃんと、これだけ勉強したんだ、と実感しやすくなります。

お母さんに、「ちゃんと勉強した?」と、訊かれて、

「したよ」と、鉛筆削りを見せて応える、という微笑ましい姿が、目に浮かびますね。


購入者のレビュー(感想)でも、

「かわいい、よく削れます」

「鉛筆を削ると鼻が低くなるのが面白い」

「孫へのプレゼントに贈りました」

と、好評のようです。


ピノキオの鉛筆削りは、通販サイトでも話題の鉛筆削りです。

お子さんやお孫さんへの誕生日プレゼントやギフトにも、おすすめの文房具ですが、

お祝い等で、贈り物の小物として用いられても、喜ばれると思います。

笑いを誘う、おもしろい文具なので、大人の方でも十分に楽しんでもらえますよ。

     

ピノキオの鉛筆削り(楽天市場)はこちら



関連記事

楽天市場のおすすめ商品

楽天市場
スプレー式の醤油差し
塩分を控えめにしたい方に人気のスプレー式醤油差しです。お好みの醤油を入れプッシュするだけ!

最新記事
メニューカテゴリー
ピックアップ
楽天市場・総合ランキング
検索フォーム
カテゴリ
プロフィール


名前:ムー民
星座:牡牛座
血液型:O型

ご覧頂きありがとうございます。
このブログについて

RSSフィード
QRコード
QR