非常食のアルファ米!震災に備える保存食





お湯か水を注ぐだけで食べられるご飯!味も豊富なアルファ米



地震などの災害時に必要になるのが食料です。

停電すれば冷蔵庫が使えずに食べ物はすぐに痛んでしまいます。

電気が使えても交通網が遮断されてしまうとスーパーやコンビニに食料は入ってきません。


もし避難できたとしても避難場所に食料が備蓄されているとは限りませんよね。

支援物資が届かなければその間は我慢するしかありません。

そんな状況も考えて災害発生から1週間程度は自力での食料確保が必要になります。


災害時の非常食といえば乾パンが定番ですが最近はご飯の非常食も人気があります。

アルファ米」と呼ばれる保存食ですがこれはご飯を乾燥してパック詰めしたものです。

なんとお湯や水を注ぐだけで食べられるので調理が不要!電気が使えなくても安心してご飯が食べられます。


アルファ米の使い方は簡単です。

パックの中にお湯や水を注いでかき混ぜてから封をして待つだけ。

お湯なら20分程度、水なら1時間程度でご飯が出来上がります。


アルファ米は種類が豊富なのも特徴です。

白飯の他に赤飯や五目ごはん、粥、ドライカレーやえびピラフなども揃っています。

これだけ種類があれば好き嫌いのあるお子さんでも飽きずに食べさせることができます。


一般的にアルファ米の賞味期限は5年程度。

5年は保存できるから買い替えも4、5年に一回でOKです。

賞味期限が迫れば普段の食事のご飯として食べられるので無駄もありません。


山登りやキャンプが好きな方にも非常食のアルファ米はおすすめです。

お湯か水があればご飯が食べられるので調理をする手間が省けます。

パックをそのまま容器として使えるので食器がいらずゴミも最小限に抑えられて便利。

軽量なのでリュックに入れておいても邪魔にならない。いざという時の防災グッズとしても役立ちます。


⇒ アルファ米(楽天市場)はこちら


関連記事
最新記事
カテゴリ
プロフィール


名前:ムー民
星座:牡牛座
血液型:O型

ご覧頂きありがとうございます。
このブログについて

RSSフィード
QRコード
QR