マッサージチェア。自宅で堪能するプロのリラックス術。







座っているだけで、リラクゼーションできる!

それが、大人気のマッサージチェアです。


最近のマッサージチェアに、座ったことはありますか?

サウナやスーパー銭湯に行けば、ありますよね。

あれって、物凄く気持ちよくないですか?

もちろん、あのマッサージチェアは、業務用のマッサージチェアですが、

本当に、人の手で、それも三人とか四人のマッサージ師に、

同時に揉まれているような気持ちよさで、びっくりしますよね。


全国の大型家電量販店(ヤマダやエディオン等)にも、

マッサージチェアのコーナーがあるので、ぜひ体験してみてください。

タダですよ。(笑)


毎日行くのはおすすめしませんが、

たまに新商品を探している風(笑)で、座ってみてください。

ズラッと並んだ、マッサージチェアに、一台ずつ座ってみると、

それぞれ違いがあることが体感で分かりますよ。


やはり、性能の違いが価格の違いで、

値段の高い、マッサージチェアほど、高機能で、

体全体をカバーするマッサージ力も高くなっています。

リモコン操作ひとつで、もみ、たたき、背すじ伸ばし、など、体格に合わせて、

様々なタイプのマッサージを織り交ぜて行ってくれます。


体の部位で言えば、上から、

首筋から肩・腕にかけて、マッサージ。

背中から腰・お尻にかけて、マッサージ。

フット部分(太ももから、ふくらはぎ)にかけて、マッサージ。

そして、最近は、足裏まで、丁寧にマッサージしてくれるんです。


昔のマッサージチェアのような、ぎこちなさはありません。

本当に、全身をマッサージ師にマッサージしてもらっているようで、

「これは、凄い」

と、唸ってしまう気持ちよさが体感できますよ。


ただ、やはり、マッサージチェアは、

「値段が高い」

という、イメージがありますよね。


もちろん、業務用のマッサージチェアにも引けをとらないような、

数十万円もする本格的なマッサージチェアもあります。

しかし、最近は、十万円前後の高機能マッサージチェアも販売されて人気です。

イスとしての座り心地やフィット感も考え抜かれていて、

家具などと並べても違和感のない高級感もあるので、

初めてマッサージチェアを買われる方におすすめですよ。


さらに価格を抑えた、三万円代のマッサージチェアも、

若い女性を中心に人気です。

こちらは、背中から腰にかけてマッサージしてくれる、マッサージチェアで、

1人掛けの椅子(ソファー)のような、おしゃれなデザインになっています。


腰痛持ちは、仕事以外で外へ出かけるのも億劫なものです。

マッサージ医院に通うのは、時間もとられますし、費用もバカになりません。

一回行っても、結構取られますよね。

その点、マッサージチェアは、初期投資に費用がかかりますが、

そのあとは、少しの電気代だけでOK。

マッサージチェアなら、自宅にいながら、マッサージ師のようなマッサージを、

好きなときに、好きなだけ、受けられます。


テレビを見ながら、音楽を聴きながら、誰にも邪魔されずに、

リラックスした状況で、マッサージが楽しめるなんて、最高な気分です。


最近は、過労やストレスもあって、若い人でも、肩こりの方が多いらしいですね。

肩がこると、本当に辛いんですよね。

頭や目が痛くなったり、体調まで悪くなったり。


ちょっとした時間、お風呂上りに、マッサージできたら……、

そんなお悩みの方に、マッサージチェアは最適です。


また、今までのマッサージ器では、満足できなくなった方にも、おすすめします。

マッサージチェアは、手の届かなかった場所も揉んでくれますし、

マッサージ器では再現できない熟練のモミ技で揉んでくれます。

なにより、いすに座ったままでいるだけでいいのが楽チンです。


購入者のレビュー(感想)でも、

「毎朝、使っています」

「両親にプレゼントして喜ばれました」

「肩凝りが酷い私にぴったり」

と、好評のようで、たくさんの方が感想を投稿されています。


楽天市場などの通販サイトでは、

クッションや座椅子を使った激安価格のマッサージチェアから、

フジ医療器の製品のような高級マッサージチェアまで、

たくさんの種類・メーカのマッサージチェアが販売されています。


必ず自分に合ったマッサージチェアが見つかると思いますので、

腰痛や肩こりの対策に、是非、お好みのマッサージチェアを見つけて、

自宅で、気軽に、マッサージを楽しんでみてください。



マッサージチェア(楽天市場)はこちら




関連記事
最新記事
カテゴリ
プロフィール


名前:ムー民
星座:牡牛座
血液型:O型

ご覧頂きありがとうございます。
このブログについて

RSSフィード
QRコード
QR