防災の携帯・簡易トイレとは?非常用トイレの使い方とランキングは?

簡易トイレ



防災の携帯・簡易トイレとは



携帯・簡易トイレは、地震などの災害が起こったときに使用する使い捨てのトイレです。

被災時は断水で水が使えず水洗トイレが使用できない事態も起こります。

そんなときにも安心してトイレができるようにするのが携帯・簡易トイレの役割です。


携帯・簡易トイレは処理用のビニール袋と汚物を固める凝固剤がセットになっています。

価格は使用回数によって変わりますが、30回~50回分のセットで4000円台から購入できます。

ショップによっては、処理袋の付いていない凝固剤だけのセットも販売しています。


小に特化した携帯・簡易トイレは、車のダッシュボードやバッグに入れて持ち運ぶこともできます。

受け口の部分とビニール袋が一体化したタイプなので、片手でセッティングして使えます。

最初から凝固剤が入っており、素早く固まって逆流と臭いを防いでくれます。



⇒ 携帯・簡易トイレ(楽天市場)はこちら



携帯・簡易トイレの使い方



携帯・簡易トイレは、自宅やオフィスの便器に付属のビニール袋をかぶせて使います。

便座を下ろしビニール袋を挟んで固定すれば、準備は完了です。

用を足したあとは、専用の凝固剤を入れて、ビニール袋をしっかりと結んでから破棄します。


1回の使用でビニール袋を捨ててしまうのはもったいないと思う方には、

複数回の使用が可能な使い捨てトイレがおすすめです。

「シートイレ」という商品は、シート状の凝固剤を使い複数回の使用が可能です。


シートイレは便器にビニール袋をかぶせて使うのは同じですが、

1回、用を足すと、凝固剤のシートをフタのように上からかぶせて、そのまま使い続けます。

1つのビニール袋で大小合わせて3回~10回の連続使用が可能です。



組み立て式とポータブル式の簡易トイレについて



携帯・簡易トイレは便器にビニール袋をかぶせて使うのが一般的です。

そのため、断水だけでトイレの便器がそのまま利用できる方は問題ないのですが、

建物が使えないなど元からある便器が利用できない方は便器自体も用意する必要があります。


もちろん便器といっても陶器製の便器を用意する必要はありません。

ダンボールやパイプ椅子の組み立て式、軽量プラスチックで成型されたポータブル式など、

災害時や介護用に使える簡易型の洋式便器で十分です。


簡易型の便器は楽天市場なら3000円台から購入が可能です。

災害が起きたときに自宅やオフィスの便器が利用できなくなるかもしれないと心配な方は、

簡易型の便器も使い捨てトイレと一緒に揃えておくことをおすすめします。



⇒ ダンボールの簡易トイレ(楽天市場)はこちら


⇒ ポータブルトイレ(楽天市場)はこちら



携帯・簡易トイレのランキングについて



楽天市場では、たくさんの防災対策グッズが販売されています。

簡易トイレの売れ筋ランキングを見ると、処理袋付きの凝固剤セットが人気なのが分かります。

やはり家族が多くなると使用回数も増えることから、100回分セットがたくさん売れています。


その他には、組み立て式のトイレ(便器)と一緒になった簡易トイレも人気があります。

便器は必要ないと思われるかもしれませんが、災害用以外にも、キャンプや登山、ドライブなど、

公衆トイレのない場所に行ったときには、軽量の組み立て式トイレは大変重宝します。


自宅での使用を考れば、リフォームや配管工事で自宅のトイレが使用中止になったときにも、

組み立て式のトイレがあれば安心して生活できます。

病気や怪我でトイレまで行くのがツライ方にも、もしものときの備えにおすすめします。



⇒ 携帯・簡易トイレランキング(楽天市場)はこちら



関連記事
最新記事
カテゴリ
プロフィール


名前:ムー民
星座:牡牛座
血液型:O型

ご覧頂きありがとうございます。
このブログについて

RSSフィード
QRコード
QR