スーツケースのベルトは必要?おすすめのかわいいTSAベルトとは?

スーツケース



スーツケースのベルトとは



スーツケースのベルトは、誤ってスーツケースが開くのを防ぐためのベルトです。

もちろん滅多にスーツケースは壊れることはありませんが、

まれに鍵の掛け忘れや移動中の衝撃でスーツケースが開いてしまうことがあります。


たまに見かけませんか。

空港のターンテーブルで開いたままのスーツケースが流れてくるところ。

あんな恥ずかしい思いをしないためにも専用のベルトでしっかり留めておけば安心です。



スーツケースのベルトは必要か?



「でも、そんなにスーツケースって壊れるものなの?」

という疑問もあると思います。

ベルトがなくても困ったことがないという方が多いのも事実だと思います。


しかし、最近は、アメリカのように、スーツケースにロックを掛けないように指導する国があります。

アメリカではテロ対策の一環として手荷物検査が強化されており、

ロックを掛けたままのスーツケースは検査のために鍵を破壊されてしまう場合もあります。


鍵を掛けないスーツケースを手元から離すのは不安以外のなにものでもありません。

それが海外なら尚更です。

盗難の心配もありますし、スーツケースを乱暴に扱われて閉じなくなる可能性もあります。


そんなときに便利に使えるのがスーツケースのベルトです。

もしスーツケースが閉じなくなってしまった場合でもベルトがあれば、

外側からしっかり留められているので安心ですし、盗難を防ぐこともできます。



スーツケースのベルトの特徴は



スーツケースのベルトの締め方は様々あり、リングにベルトを通して留めるタイプや、

ワンタッチ式、マジックテープ(面ファスナー)式などがあります。

ベルトの使い方が分からない方は、一発で留められるワンタッチマジックテープのベルトがおすすめです。


スーツケースのベルトには目印にする目的もあり、カラフルな色や柄の商品が多く販売されています。

柄には水玉やストライプ、星条旗やユニオン・ジャックの国旗柄などがあり、

ディズニー、スヌーピー、ムーミンなどのキャラクターを使った、かわいいベルトも人気があります。


定番化して人気になっているベルトはTSAロック付き(鍵付き)のベルトです。

アメリカ運輸保安局認定のTSAロックが付いていれば、

検査員が専用のキーでロックを解除して検査するので鍵を壊される心配がありません。


ベルトにTSAロックが付いていれば移動中もスーツケース本体のロックをしていなくても安心ですし、

TSAロックの付いていない古いタイプのスーツケースもTSAロック付きのように使用することができます。

ホテルの室内にスーツケースを置いておくときの安心感も断然違ってきます。


スーツケース専用のベルトは、長期の海外旅行に適した大型のスーツケースにも使えます。

長さが200cm近くあり、スーツケースの縦にも横にも巻いて留められ、長さ調節も可能です。

楽天市場なら、バッグを掛ける可愛いベルトなどもあり、ショップによっては即日発送にも対応しています。



⇒ スーツケースのベルト(楽天市場)はこちら



関連記事
最新記事
カテゴリ
プロフィール


名前:ムー民
星座:牡牛座
血液型:O型

ご覧頂きありがとうございます。
このブログについて

RSSフィード
QRコード
QR