風水メジャー 開運グッズ







風水メジャーは、一般的な長さを測る巻尺(メジャー)に、

風水の吉凶を判断する寸法(財や病など)を加えた画期的なメジャーです。


風水メジャー(風水尺)は、「魯班尺」とも呼ばれていますが、

これは、中国人の魯班が考案したものとされているからです。

基本的に、風水メジャーの目盛りは二通りの記載(上段・下段)があります。

上段の目盛り「門公尺」は、玄関や窓の高さと幅を測り、

下段の目盛り「丁蘭尺」は、インテリアや家具のサイズ(長さ・高さ・幅)などを測ります。

どちらも、赤い色の目盛りなら「吉」となり、黒い色の目盛りなら「凶」と判定されます。


もちろん、風水メジャーには、一般的なメートルの目盛りも併記してあるので、

実際の寸法を測るときにも便利に使えます。

風水メジャーを使えば、吉凶目盛りと見比べて、

「この家具はサイズ的にちょっと…」

「玄関のサイズはOK」

などと、簡単に判断することができます。


風水理論では、「財、義、官、本」の寸法が良いとされ、

「病、離、却、害」が良くない寸法とされています。

もし、良くない寸法が出たとしても、家具やインテリアなら、

思い切って、取り替えることができるかもしれません。

しかし、玄関の寸法などは、すぐにリフォームするというわけにもいきませんよね。

風水では、そんなときには、吉の寸法になるように物を置いて場を整えるだけでもいいんです。

ちょっとした工夫で、幸運に変えることができるのも風水の特徴になります。


風水メジャーで、お家のいろんなところを比べてみてください。

面白い発見があるかもしれません。

風水メジャーは、そんなに大きなものではないので、

バッグに入れて持ち運ぶこともできます。

例えば、引越し前の新居の下見で使えば、風水的な間取りもバッチリ判定できます。

新築やリフォームの際に使えば、サイズ変更の要望も出しやすいですよね。


風水メジャーは、インテリアや家具を手作りされる方にも、おすすめ。

「幸運を呼ぶ家具」は特別な感じがしますし、誰からも喜ばれそう。

作ることも今まで以上に楽しくなりそうです。

もちろん、市販されている家具やインテリアを風水的に判断するときにも便利に使えます。

ネット販売の家具もサイズが表記されていれば、そこから判断することもできます。


購入者のレビュー(感想)でも、

「風水の勉強中。計るだけでも楽しいです」

「友人にプレゼントしたら面白いと喜ばれました」

「良い運気を取り入れるために家中を計りまくっています」

と、好評の書き込みが投稿されています。


テレビでも紹介されて一躍人気になった風水メジャー。

メートル寸法と風水の寸法が同時に見比べられるのが便利で面白いアイテムです。

「どれを買ったらいいか分からない…」

と、鏡やベッドの購入に迷ったときの1つの判断材料にもオススメですよ。



風水メジャー(楽天市場)はこちら



関連記事
最新記事
カテゴリ
プロフィール


名前:ムー民
星座:牡牛座
血液型:O型

ご覧頂きありがとうございます。
このブログについて

RSSフィード
QRコード
QR