自転車の車幅をレーザーで表示するテールライト XFIRE







「XFIRE (クロースファイヤ)BikeLane(バイクレーン)」は、

道路に自転車の車幅を表示する自転車のテールライトです。


バイクレーンには、本来のセーフティライトのほかに、

下向きのレーザーライトが2本装備されています。

このレーザーライトを路面に照らし出すことで、

自転車の両脇に60cmの赤いレーザーの車幅が表示される仕組みになっています。


バイクレーンの取り付けは難しくありません。

シートポスト(サドルを取り付ける棒状の支柱)に、嵌めてセットすれば完了です。

簡単に角度調節もできますし、取り外しも容易ですから、

ライト部分だけを持ち運んで、手軽にUSBで充電することもできます。


バイクレーンの電源は、電池式とUSB充電式の2タイプ。

点灯パターンは、セーフティライトで3種類、レーザーライトは点灯と点滅の2種類があり、

ボタンひとつで、いつでも切り替え操作ができます。


もちろん、防雨仕様だから、雨の日でも安心。

バイクレーンは、スポーツタイプの自転車だけではなく、

一般的なシティサイクル(ママチャリ)や折り畳み自転車などにも、問題なく取り付けられます。


バイクレーンは、通勤通学のほかに、お買い物やサイクリングなどでも便利に使えます。

「ちょっと暗くなってきたなあ…」と、思ったら、バイクレーンのボタンを押してください。

後方の自動車に自転車の存在を知らせる、自分専用の自転車レーンが出現します。


バイクレーンは、夜間に自転車を利用することの多い方に、おすすめです。

夜は、自転車と自動車の接触事故が起こりやすくなる時間帯。

追い越していく車に、自転車の幅を示すことができれば、安全性は格段に高まります。


購入者のレビュー(感想)でも、

「夜間でもハッキリと目立って安心です」

「車から見えやすい。身を守るために使っています」

「ライトが明るくて、インパクトもあります」

と、好評の書き込みが投稿されています。


XFIRE (クロースファイヤー)バイクレーンは、 道路に車幅の表示ができる自転車専用のテールライト。

ボタンひとつで、レーザーライトを照射して、ラインを表示。

自動車や歩行者に対して、グンと視認性を高めることで、自分自身の身を守ります。

「ちょっと目立ちすぎる…」なんて考えないでください。

スイッチひとつで消すこともできますが、何にもまして、安全が第一です。

特に、帰宅が夜遅くになってしまう、学生や会社員の方に、おすすめですよ。



XFIRE バイクレーン(楽天市場)はこちら



関連記事
最新記事
カテゴリ
プロフィール


名前:ムー民
星座:牡牛座
血液型:O型

ご覧頂きありがとうございます。
このブログについて

RSSフィード
QRコード
QR